葉酸の効果とサプリで摂取するメリット。

この栄養素はビタミンB群の一種で、胎児の神経管における正常な発達を促す作用があります。
そのため妊婦は、胎児の神経管ができあがる16周目まで、葉酸を摂取することが推奨されています。
摂取する量は1日につき0.4mgで、これだけの量を摂取するには、ほうれん草なら4~5株ほど食べる必要があります。
毎日4~5株も調理して食べることは大変ですし、またほうれん草の質によって、摂取できる量は異なってきます。

つまり毎日コンスタントに0.4mgの摂取をすることは、容易ではないということです。
また妊娠初期の女性は、つわりによって食事をとりづらくなることが多いです。
葉酸を摂取しようにも、食事自体が困難になるわけです。

そのため、妊娠中の多くの女性が、サプリメントによって摂取しています。
葉酸サプリなら、毎日適量ずつ摂取することができます。
水などで飲み込むだけなので、つわり中でも摂取しやすいのです。
妊娠する1ヶ月ほど前から摂取しておくと、より効果的です。

そのため、妊娠を計画した段階で、飲み始める女性も多くいます。
さらにには、血液を作るサポートをもおこなう成分です。
したがって、16週目以降も適度に摂取しておくことで、貧血が防がれるようになります。
血液がしっかりと作られれば、母乳も作られやすくなるので、母乳育児のために出産後にも多くの女性が葉酸サプリを飲んでいます。

参考にしたサイトです。
紹介テーマ:葉酸効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です